MENU

こんなことありませんか?

無言電話や間違え電話が増えた
自宅付近に見かけない車や人がいる
生活内容にかかわるイタズラ電話がある
他人に話していないことが知られている
自分以外の人も自室のカギを持っている
異性関係のトラブルがあった
電話中、雑音が多くなった
誰かに見られているような気がする
友人知り合いが多い
家によく人が遊びに来る
電話はよくかける方だ
日中、家を空けている
今住んでいる家の照明は最初から付いていた
(人から)よくプレゼントをもらう
コードレス電話機を使用している
盗聴・盗撮をされた人が周りにいる
コンセント付近に自分で購入していない電気器具がある
歩いている時、後ろをつけられている気がする

専門スタッフがお客様の依頼に沿って調査致します。
探知機で発見後、すみやかに撤去作業を行います。

盗聴器は、意外な場所や思いがけない場所に仕掛けられていることがあります。
不安な点がございましたら担当スタッフまでお申しつけください。

料金一覧

簡易調査料金15,000円(税別)
(女性の1人暮らし1Rの場合10,000円(税別)で調査いたします)
・一般に販売されている盗聴器に対応可能
・調査時間は30分~60分程度です
本調査料金30,000円(税別)
【5部屋まで。一部屋追加につき+3,000円。10部屋以上は要見積】
(部屋の大きさは10畳まで1部屋と計算いたします。)
・全ての盗聴器に対応。改造品もOKです。
・盗撮カメラも調査いたします。
・弊社には業界No.1のデータがありますので、全ての盗聴器・盗撮カメラに対応できます
・調査時間 2~4時間程度です
特定・取外し1器につき10,000円(税別)
取外し出来るものは、外して処分いたします。(場所を特定した時点または撤去した場合)
車両調査1台につき20,000円(税別)
調査時間は30~60分程度です
その他、大規模な調査は都度お見積もりさせていただきます

※簡易調査後、本調査に変更の場合はプラス15,000円(税別)で調査いたします。
※当社所在地から往復100kmを超える場合、1kmにつき15円出張費がかかります。
※調査には、社名無しの車・作業服でお伺いいたします。
※料金は調査前にお支払いいただきます。
※領収書は全ての調査終了後に発行いたします。

調査の流れ

(調査時は必ず立ち合いで現場から離れないで下さい)

①お電話、メールなどで打ち合わせ後に指定の場所に伺います。

②状況確認

③調査内容の説明、前払い

④家電やコンセントタップの準備
(できるだけONの状態にします。)(コンセントタップはすべて差し込みます)

⑤音源の確保、電源の確保(基材)
(音源の確保とは音感タイプの盗聴器を作動させます)

⑥機器の準備

⑦調査開始

⑧盗聴器無しの場合は終了となります

⑨盗聴器有りの場合、特定・撤去料金が発生します(前払い)

⑩特定・撤去調査開始

⑪特定

⑫撤去(撤去出来ない場合もあります)

⑬終了となります
 本調査の場合は盗撮カメラの調査もいたします

盗聴・盗撮されるケース

一般家庭の場合

●夫婦・恋人館の浮気調査
●ストーカーが女性を狙う
●遺産相続の揉め事
●前の住人の置き土産
●子供・家人の監視
●盗聴・盗撮遊び

企業の場合

●新商品開発情報
●土地売買等の情報
●社員・顧客の個人情報
●リストラ等の社員管理
●女子更衣室・女子トイレ
●管理職者や役員の自宅等

こんな場所から盗聴器・盗撮カメラが発見されています

盗聴器・盗撮カメラの大半は、お客様が所有し日常生活でよく利用する
身近なものから発見されています

 

現在、盗聴器・盗撮カメラは、秋葉原・日本橋電気街・通販・専門誌・インターネットなどで1万円ぐらいから販売しています。(年間40万個)誰でも買うことができ、しかも簡単に取り付けることができます。

盗聴・盗撮は空き巣・ストーカーなどの犯罪に繋がる危険性があります。

盗聴・盗撮なんて私には無関係・・・と思っていませんか?
盗聴器や盗撮カメラは小型化・高性能化が日々進んでおり、一般の人でも簡単に購入できるものが多くあります。操作も簡単なので軽い気持ちで盗聴・盗撮を行う人が増えています。そのため被害も増加し、社会問題となっています。

あなたも知らぬ間に被害者になっているかも!?
盗聴や盗撮により個人情報やプライバシーを悪用された被害者は、非常に大きな精神的苦痛を受けます。
また、企業で盗聴器が取り付けられて機密情報が漏洩した場合は、経済的損失に加えて、社会的信用に悪影響を及ぼすことになります。

あなたも知らぬ間に被害者になっているかも!?
盗聴や盗撮により個人情報やプライバシーを悪用された被害者は、非常に大きな精神的苦痛を受けます。
また、企業で盗聴器が取り付けられて機密情報が漏洩した場合は、経済的損失に加えて、社会的信用に悪影響を及ぼすことになります。

盗聴器・盗撮カメラの多くは、身近なものに仕掛けられています。
家具、置物、日用雑貨、電化製品、電話機など、被害者が日常的に使用するものから発見されるケースがほとんどです。

少しでも不安を感じたら、一人で悩まず、すぐに当社へご連絡ください!
盗聴・盗撮用機器の性能の進化と同時に、発見するための機器の性能も進化しています。さらに、当社では通信漏洩管理士として盗聴・盗撮対策について常に新しい情報を収集し、技術の向上に努めています。盗聴器・盗撮器発見の調査を行い、機械が見つかればその場で撤去致します。
もし身の回りで異変を感じたら、すぐにご連絡ください。個人のプライバシーや企業様の大切な情報を守るため、迅速に対応致します。

PAGE TOP